転向の原因は何?

SI業界からの転向を考える原因の1つに、自由度の低さが挙げられます。SI、つまりシステムインテグレーションという仕事は、クライアントからのニーズに応じたシステム開発を担うことになるのですが、組織として考えるとそこに関わる全てを行えるとは言えないのが現実でしょう。

従業員の立場で考えた時に、どうしても担当している業務の目的が曖昧になり、モチベーションが保てなかったり、明確な説明や指示を欲してしまうことも出てくるはずです。特に、SI業界では、二次請け三次請けと、他のSIerから依頼を受けることも少なくないので、自分が勤めている会社の立場によっては客先に確認することもできないばかりか、他のSIerに対しても対等な関係で作業することをためらうケースも起こりえます。

それだけにSI業界からの転向を考えてしまうのですが、例えばもっと広い意味でのIT業界に新天地を求めて、ネットワーク技術やプログラミング技術に身をおくことでやり甲斐を感じることもあるでしょう。SI業界を含めたIT業界では、プロジェクトを作り上げる上でもそれぞれの分野でスキルが欠かせませんが、顧客との繋がりを担うコーディネート力はとても重要視されるスキルの1つになっていることを理解しておくべきでしょう。

専門性がベースにあれば、さらに営業力や経営力を身につけることで、コンサルタントとしていわばシステムインテグレーターの仕様を決める側に立つことも難しくはありません。その意味では専門性を高める意味でIT業界を渡り歩くのも1つですが、SI業界に身を置くことで学べることを先読みすることも1つの手段になります。