SI業界からWeb業界に

情報社会となった現代、ITに関する事業が多く登場しました。その中の一つに「SI」という事業があるのをご存知でしょうか。SIとは「システムインテグレーション」の略称で、社会に必要不可欠なしくみをIT技術を駆使して築き上げる事業です。その事業を専門的に展開する企業のことを「Sier」と呼びます。

情報サービスが叫ばれている今日では、SIの存在は無くてはならない存在となっています。しかしながら、IT技術の発展が目覚ましい中で、SIの仕事内容は過酷なものとなっています。そのため、SI業界からの転向を考えている人が多くいるようです。

そもそもSIの仕事は「社会のしくみをIT技術で築き上げる」ことですから、実績を作ってからWeb業界へと転職するケースが殆どです。
Web業界とSI業界で共通している事項は「開発志向が高い」ことが挙げられます。SIの仕事内容を紐解いてみると、課題解決のためのコンサルティングから運用・保守までを担当するため、幅広い視野でアイデアを発掘し、Web業界でも活用できることが考えられます。

しかし、Web開発に必要なスキルや情報にも目を向ける必要があります。SI業界で培った経験を生かすためにも、幅広い人脈形成やコミュニケーションスキルを向上するのが第一です。クライアントの課題解決のために開発を進めることが大前提となります。SIの知識とWeb開発のスキルを駆使し、全く新しいIT技術が社会に広まる可能性は大いにあります。